ACC電源 RSS

125, 12V, ACC電源, KDR-M14A, KDR-M9S, QI, USB, USB電源, ZZ, アクセサリー電源, アドレス, アース, エレクトリカルタップ, カウル, ギボシ, クイックホールドビートル, ジーツー, スズキ, スマホホルダー, テスター, トラブルシューティング, バイク, バイク用品店, バッテリー, フーデリ, フードデリバリー, ブレーキスイッチ, ボディアース, ワイヤレス, ワイヤレス充電, 作業, 充電, 圧着, 接触不良, 故障探求, 置くだけ充電, 車両電源, 配線, 電圧降下, 電源, 電源分岐, 電源取り出し, 電装品 -

KDR-M14Aを使用していて、KDR-M9Sに交換してから電源が入らなくなり、その後どちらも通電しないという症状。 お客様も2台とも通電しない状況から製品側の問題では無く、電源に問題があるのではないかと察し、ご来店頂けました。 早速電圧を測定してみると12.6V(エンジン停止中)。 しかしこの電圧は電気の流れを遮断した状態での計測になり、正しい検査方法ではありません。 テスターで計って12Vが来ていて電源が入らない、動作が不安定、その原因は負荷が掛かった時の電圧に異常がある事が原因です。 電源を探すだけでしたらこれで問題ないです。 しかし故障探求(トラブルシューティング)としては、実際の環境に合わせた測定方法が必要になります。 回路を成立させた状態での電圧は4Vです。 これは電装品に電気が流れると供給される電気の量(電流)が少ない事が原因で電圧降下が発生しています。 本来バッテリーの自然電圧が2.1V×6セル=12.6V オルタネーターによる発電により12.6V~14.8V程まで上昇します。 ではなぜ並列接続なのに電圧が低下するのか。 これを想像するとわかりやすいです。 カスタマーサービスでも電圧降下に関する説明をさせて頂く際に、例えにする事が多いです。 バッテリーはダムと仮定できます。 ダムの水圧が14.0Vあっても水道管が細かったり、長かったり、枝分かれが多かったり、使用量が多かったりすると、水の供給が追いつかずに配管の水圧が低下します。 この現象が電圧降下となるわけです。 ダムには水がたっぷりと溜まっていて、水圧は14.0Vあります。 水道管が遮断されていれば、水道管の水圧は14.0Vを表示するでしょう。 しかし解放したとしたら水は流れていくので、水圧は低下します。 各家庭の水の使用量や配管の太さや長さが影響してくるわけです。 今回の原因はエレクトリカルタップでした。 本来、この配線の太さに対して赤のタップを使用していなければならないところに、青のタップが使用されています。 この配線よりも太い配線用なので、配線の被覆がほとんど剥けておらず、接触面積が少なすぎる事が電圧降下の原因だったのですね。 水道管で例えると水門がちょっとしか開けられていない状態でしょうか。 エレクトリカルタップは作業性が良い為、電装品の取付作業で使用されることが良くあります。 1台でも多くの作業を終わらせる事が求められる為、店舗の考え方や担当者によっては、多様するアイテムになります。 冬場などに接触不良が起こりやすかったり、接触不良などのトラブルが起こる原因になるため、私は自分のバイクや車以外ではタップ自体を使わないようにしています。 自分で配線ができる方には、簡単なのでタップがオススメです。 配線を圧着で分岐しました。 接触面積もしっかり確保して圧着していますので、これで電圧降下は心配ありません。 マイナスもボディーでショートカットしてしまいたいところですが、確実を取るためにバッテリーマイナスまで引っ張ってしまいます。 配線が完成し、カウルを戻していきます。 スズキのカウルは高校時代に改造していたジーツー(ZZ)に似ていて懐かしくなります。 アドレス125 ヤンキーが大好きな車種ですね。 整備士というとバイク、車のことなら何でもできるんでしょ。 よくそう思われますが、それぞれ得意分野があります。 人によって様々ですが、主に別けるとしたら下記の通り 板金塗装 電装関係 整備関係 カスタム どれか一つには対応していますが、すべてに対応している人は、非常に少ないです。 あとは車種別にも得意不得意があります。 カエディアの取付サービスの様な作業では、車種はそれほど影響しません。 トラブルシューティングになると、車種専門の情報と経験が必要になるため、ディーラーが強いです。 またその中でも整備士ではわからない、より専門の業者を呼ぶ必要がある場合も多々あります。 逆にディーラーでは車種に特化しすぎていて、ディーラーの取り扱い車種以外の対応が苦手というのもアルアルですね。 特に板金塗装は別ものと考えて下さい。 車業界ですとナビ取り付けやタイヤ交換が外注作業のところも多いです。 私は転職を経験しており、板金塗装(FRP、板金、塗装)、電装関係(スターター、オルタネーター分解修理)、整備関係(様々な交換作業)どれも一定の経験があります。 カスタムは趣味です。 幅広く経験はしているので、お役に立てる事もあるかと思いますが、当然苦手な事も多いです。 何かお手伝いできる事があれば、先ずはお気軽にご相談頂けますと幸いです。

続きを読む

ACC電源, Kaedear, kawasaki, KDR-M2C, USB, USB電源, アクセサリー電源, オートバイ, カエディア, カワサキ, ゼファー, ゼファー400, ドライブレコーダー, バッテリー, バッテリー上がり, ワイヤレス充電, 作業, 充電, 取り付け -

 Kawasaki ゼファー400 走行中エンジン停止 JAF対応 2022年7月1日 30℃近い気温の中車両停止! 通勤途中に急にまさかのエンジン停止!(汗) バッテリー上がりを疑い、JAFロードサービスを依頼! 今の時期は特に気温が暑いため、通勤・出先でのバイクの故障はかなりの精神的ダメージですね! 熱中症に気をつけながら日陰にてJAF到着を待ち、到着した際にバッテリー上がりの可能性を疑っていると担当者様に伝え、まず現状のバッテリー電圧を測定すると11.4Vの表示! バッテリー上がりの可能性が低いことを確認したため、考えられる原因は発電機の故障が予想したため、ジャンプスターターにてバッテリーに繋ぎセルを回すとエンジン始動! そこでアクセルを回していき、バッテリーの電圧を測定していくと、まったく電圧が上がらず、12.0Vと始動前と0.6Vしか変わらない電圧と判明! 原因が、はっきりと車両のレギュレーター/ジェネレーターのどちらかの発電機部分と判明!!   原因がバッテリー上がりではなく、オルタネーターと判明したため現状の走行は厳しいため、そのままJAFの積載車に乗せていただき自宅近くの行きつけのバイク修理店まで積載移動。 普段からオプションパーツにて、Kaedear製KDRーM23Aワイヤレス充電スマホホルダー・KDR-D702 ドライブレコーダーを車両電源から電気供給をしておりましたが、電圧計をつけていなかったため、走行中の電圧の数値を把握していなかったため、今回急に走行中にエンジン停止という事態に至ってしまいました。 電装品を取り付けた際には、同時に電圧計機能がついていて車両電圧状況を常に把握できるKaedear製のKDR-M2シリーズの電圧機能付きモデルなどのオプションパーツが必要だと改めて実感いたしました!(笑) 電圧計機能付きオプションパーツが、あればエンジンが急に停止する前に、電圧異常に事前に気付き早めの修理依頼等の対応ができたかと思われます。 電装品をお取り付けしていないバイクもしかり、電装品をお取り付けのバイクは特に電圧計にて車両電圧のチェックは必須になります!!   皆さんも、ご自身の愛車の電圧状況を日頃から把握しておくことで、事前に故障を察知できるかと思いますので、電圧計またはKDR-M2シリーズの商品のように電圧計表示がある電装品のお取り付けを考えてみてはいかがでしょうか!!   Kaedearの店舗でも、KDR-M2シリーズの商品の販売とお取り付け作業依頼をお受けしております。 気になった方はぜひ、店頭またはお電話などにてお問い合わせください。 専門知識をもったスタッフが、丁寧に対応させていただきます。

続きを読む

ACC電源, Kaedear, QI, USB, USB電源, アクセサリー電源, アドバイス, オートバイ, カエディア, スズキ, スマホホルダー, バイク, バッテリー, ワイヤレス充電, 中野区, 作業, 充電, 取り付け, 東京都, 配線, 電源分岐 -

お客様には以前からクイックホールドQI/USBをご使用頂いており、製品保証の申請を頂きました。 近所のバイク屋さんでお取り付け頂いた様で、製品側の不具合か電源の問題かの詳細の確認が難しく、半年問題無く使用できおり、テスターで見てもらっても電圧は問題無く来ていると言われた。 とのことでした。 しかし詳細な症状を伺うと日ごろの直感で製品不良では無く電源に問題がありそう! そこでお客様に中野区から青葉区までお越し頂けないかお尋ねしたところお越し頂ける事に! 調べてみるとボディーアースの抵抗が超高い! 配線の引き直しを勧め、作業させてもらいました。 お客様には仕事が丁寧だと作業中たくさんほめて下さり、喜んでもらえて本当にうれしい一日でした。 今度2台目のハヤブサにドラレコを付けに来てくれるそうです。 楽しみにお待ちしております。

続きを読む

ACC電源, CB1300SB, Kaedear, KDR-M2C, USB, USB電源, アクセサリー電源, オートバイ, カエディア, ツーリング, バイカー, バイカーの聖地, バイク, バッテリー, ヒューズ, ヒューズ電源, ホンダ, ライダー, 作業, 充電, 取り付け, 配線, 電圧計, 電源分岐 -

CB1300SBを購入した際に予め設置されていたUSB電源が使えず、AmazonでKDR-M2Cを購入したところ取付けてくれるお店が見つからず、遠方から1時間程かけてお越し下さいました。 できるだけ費用が掛からないよう、予め設置されていたUSB電源の配線を活用して設置しようと試みましたが、どうやら通電したりしなかったりでキーにも連動していない。 そこで配線を引き直すことに せっかくなので、キー連動で配線を引き直します。 ヒューズ分岐は2重でヒューズを通らないように方向性も確かめます。 ヒューズボックスの蓋もしっかり閉まるように配線します。 こちらは予め取り付けられていた配線。 バッテリー直でヒューズも入っていない為、配線の被覆が擦れて剥けてボディーでショートしたら電源が遮断されないので、万一の際に心配な状態でした。 また気を付けていてもスイッチの切り忘れやいたずらでバッテリー上がりを起こす懸念があり、配線を引き直して正解でした。 無事に取付けも終わり、最後に記念写真を撮ってお別れの時間です。 ライダーの聖地安住神社のお守りの話などで盛り上がりました。 またのご来店お待ちしております。

続きを読む

タグ